ネイリストの就活

ネイリストとして働きたいと考えて技術を習得し、資格まで取得したという方の前に立ちはだかる最後の関門が就職活動です。
どれだけ技術が優れていても、働く職場が無くては話になりません。
ネイルサロンを立ち上げたいという夢を持っているにしても、
やはりまずは従業員としては働くことでネイリストとしての日常を経験し、
接客や経営に関するノウハウを蓄積させる必要があります。
そこで今回は、ネイリストが働く職場としてメジャーなネイルサロンでの就職におけるポイントを見ていきましょう。

ネイリストは芸術家であると同時に、接客業としての立ち振る舞いが求められます。
ネイルサロンの多くでは、他者とのかかわり方を判断するために面接試験を導入しているのです。
一般企業においても面接試験は避けて通れませんが、
ネイルサロンでは接客という観点から判断されていることを覚えておきましょう。
面接において必ず質問されるのが志望動機です。
ネイリストになりたい理由や自分とネイルとの関わりを中心に、
お客とどのように接していきたいかを答えると良いでしょう。

作文を読み上がるよりも、自分の本心を丁寧に答えた方が面接官を納得させることが出来ます。
ネイルを整える人の増加に伴って、数多くのネイルサロンが登場しています。
面接を受けることになったネイルサロンを志望した理由、なぜこのお店で働きたいのかという質問も面接の定番です。
お店に関する情報を事前に集めたうえで、自分に合っていると感じた点を真摯な態度で話すと良いでしょう。
ネイルサロンで実際に働くネイリストの中には、私服の人も多くいますが、面接では必ずスーツを着用してください。

また、髪型はおしゃれよりも清潔感を重視します。
ファッションに気を使うこともネイリストには欠かせない素養ですが、
就職活動という状況に合わせた行動をとることも、接客業であるネイリストに求められているのです。
ただし、ネイルだけは気合を入れるのがネイルサロンでの面接では定石になっています。
自分の実力や仕事ぶりをアピールすることになりますし、
面接の中でネイルを仕上げるのにかかった時間などを問われることも少なくないのです。
ネイルサロンによっては、事前にネイルチップを持参するように通告してくれる場合もあります。

お店の雰囲気やそのお店によく来る客層を見極めたうえで、
自分のもつ技術が結集されたネイルチップを持っていくようにしましょう。
ネイルサロンでは面接以外にも技術を披露する試験を実施しているところもあります。
とはいえ、面接はどこのネイルサロンでも取り入れているので、まずはここをクリアしなくてはいけません。
ネイルサロン求人をよく読んで、就職活動に勤しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ネイリスト求人を見る前に知っておきたいこと © 2018