ネイリストと資格

ネイリストは、自動車の運転のように免許を持っていないと始められないという職業ではありません。
極端なことをいってしまえば、ネイルに関して一切の知識がない人でも、
ネイルサロンに雇用されて、お客の前に座った時点でネイリストなのです。
免許制ではないネイリストですが、実際には取得している資格によって個人の技術や知識を判断しています。
すなわち、ネイリスト求人を眺める前に、ネイリストに関する資格を取得しておかなくては就職が難しいというわけです。

今回は、ネイリストを目指す人たちに取得していただきたい資格について詳しく見ていきましょう。
JNECという組織が主催するネイリスト技能検定は、ネイリストの就職でよく見かける資格です。
3級から1級の3段階で、1級はネイリストとしてのトップレベルの技術と知識を持っていることの証とされています。
3級の場合はネイルに関する基礎知識を持っていることの証明にしかなりませんので、
基本的には2級以上を取得しておいた方が良いといえます。
こうした検定以外にも、特定の分野に特化したネイルの資格が存在します。
例えば、JNAジュルネイル技能検定と呼ばれるものです。

こちらはジェルネイルに関する知識や技能を測るための資格となっています。
ジェルネイルとは爪に合成樹脂を塗って乾かすという作業を繰り返すタイプのネイルです。
爪に樹脂を被せる形になるので、マニキュアよりも剥がれにくく、長持ちする傾向にあります。
ジェルネイルの持続性は、忙しくて爪のお手入れに時間を割けない女性から支持されています。
女性の社会進出と共に需要も高まり、ネイリストとしては習得しておきたい技能の一つです。
ジェルネイルを塗ることで爪の強度も上がるので、デコレーションなどを楽しみやすいという利点もあります。

ジェルネイル検定の上級になると、制限時間内の実技を披露することになります。
お客を捌くのにかかる時間は、ネイルサロンの利益に直結します。
いくら技術的に優れていても、他のネイリストの倍も時間がかかってしまってはお店に望まれるようなネイリストとはいえません。
ジェルネイル検定の取得は、ネイリストとしての必要な技術を持っていることを目に見える形で保障してくれるのです。
上記のような資格や検定は、独学でも勉強を進めることが出来ます。

しかし、実際のところ専門的な知識が多いネイルの世界では、スクールや通信講座で学習していく人がほとんどです。
特にスクールの場合は実技試験の対策もしてくれます。
知識を持っているのと実際の爪を相手にするのとでは勝手が全く違いますから、
資格取得を目指す方にとって、スクールでの実技は強い味方となってくれることでしょう。
ネイリスト求人で就職活動をしようと考えている方は、まず自分が持っている資格や検定を見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ネイリスト求人を見る前に知っておきたいこと © 2018