ネイリストの仕事とは

女性の皆さんの中には、ネイルサロンやエステサロンで
爪を煌びやかに飾ってもらったという経験があるという人もいると思います。
そうした施設で働く人の多くは専門的な知識と技術を持ったネイリストという職業の方々です。
今回は、ネイリストの仕事の流れについて見ていきましょう。

ネイリストが出勤したら、まずはお店の開店準備に勤しみます。
ネイルの施術は指の本数やネイルのデザインによって変わってきます。
ときには一時間以上も施術を受けることになるわけで、
利用者がリラックス出来るような空間作りもまた、ネイリストの仕事といえるのです。
ネイリストの主な顧客は女性ですから、お店の雰囲気や接客態度も評価の中で大きなウェイトを占めます。
お店によっては準備の時間帯で朝礼や技術指導といった工程を経ることもあるのです。
お店の清掃やインテリアのチェックといった細かな作業を終えたら、道具の準備に移ります。
プロフェッショナルは道具の手入れを欠かしません。

ネイリストについても同様で、利用者の爪を少しでも綺麗に出来るように、道具を手入れするのです。
ネイリストが一日の中で施術する利用者の数は、多くても5人程度といえます。
ネイルサロンを訪ねてくる利用者の多くは、素人には難しい複雑なデザインのネイルを所望するため、一人にかける時間が必然的に長くなってしまうのです。
その分、利用者が満足出来るような仕上がりになるよう努めるわけですから、爪のお手入れにこだわる方はネイルサロンを訪ねた方が良いといえるでしょう。
午前中から出勤している人は、お昼過ぎに休憩を摂ることになります。
お店の混雑具合によって休憩をとる時間もまちまちで、休憩時間が短縮されることもあります。
ネイリストは客層の変化を敏感に感じ取り、道具やネイルを飾るアイテムの準備をします。
特に顕著なのが、いわゆるアフターファイブの時間帯です。
それまでは主婦をはじめとした日中にネイルサロンに来られる方が多いのですが、
アフターファイブ以降は仕事帰りの女性や学業を済ませた人たちが来店されるケースが増えるのです。
閉店時間を迎えたら、後片付けに入ります。

翌日の準備が楽になるように、清掃や道具の手入れ、来店した顧客のデータをまとめるといった作業も、お店の経営には欠かせないといえます。
リピーターを増やすにはこうした小さな努力を積み重ねる必要があります。
日々技術を磨こうとするネイリストの中には、閉店後にトレーニングをする人も少なくありません。
お客とのコミュニケーションを楽しみながら、爪を煌びやかに飾るネイル外の日々は勉強の連続なのです。
ネイリストの仕事に興味を持った方はネイリスト求人を参照にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ネイリスト求人を見る前に知っておきたいこと © 2018